15年ニートだった人が社長になるまで続ける日記

日々の活動を日記に記していきます。まずは一ヶ月目標で頑張ります。 暖かく見守って下さい。

カテゴリ: 旅行

4月4日、午前中で雨も上がり、午後3時過ぎ頃から
清洲城に念願のお花見に行ってきました。

ちなみにこの清洲城は織田信長が住んだことで有名です。
「清洲城 信長 鬼ころし♫」なんてCMで有名なお酒もあります。

あとは信長死後、豊臣秀吉が実質実権を握った、
清須会議でも有名です。
三谷幸喜さん作で小説と映画にもなってます。
清須会議 (幻冬舎文庫)
三谷 幸喜
幻冬舎
2013-07-26

ちなみに自分も買ってます。
DSC04818
おすすめ度★★★★(4)

娯楽作で固い事を考えずスラスラ読めちゃいます。
予備知識も必要なし。
もちろん自分はブックオフで108円で購入。


さて、話は戻ってお花見。
午前中は雨で午後から晴れてきたので、
駐車場も待つことなくすぐに停められました。

思い立ったら、すぐ行ける。
ニートの特権です(笑)。
DSC04789
入口。
DSC04790
城跡の記念碑。

今あるお城は戦後建てられたもので、以前は違う場所にありました。
DSC04817
清洲城周辺案内図。
DSC04792
桜のトンネル。
ほぼ満開。風が吹くと花が散り始めていい感じです。
DSC04791
屋台。
串カツ、五平餅、みたらし、たこ焼きなど一通りあります。
DSC04797
五平餅 200円(税込)
食欲に勝てず。こういうところで食べると美味しく感じるよね。
DSC04796
ソメイヨシノじゃない桜その1。
DSC04795
桜越しの清洲城。
DSC04798
ソメイヨシノじゃない桜その2。
DSC04799
顔出し看板もあったりする。
DSC04801
橋の上から撮った満開の桜。

そして午後4時頃橋を渡って、清洲城の方に行こうとしたら
橋がなんか混んでる。
何かの撮影をしてるみたい。
DSC04800
ん?なんか見た事ある奴がいる(笑)
CbdkWR0UAAEC22k
こいつだ(笑)。画像はメ~テレさんから拝借。

松井玲奈ちゃんがメ~テレ冬のキャンペーンの時に隣にいた、
メ~テレのイメージキャラクター、ウルフィーさんだ。

松井玲奈公式ブログ 

報道発表

真っ先に近くに玲奈ちゃんいるか探したよね(笑)。
しかもこの日、ちょうど『シャボン』のPRで名古屋に来てるし。

結果、いませんでした。
ちょうどこの時間生放送で中京テレビの『キャッチ!』に出てました。
残念。

近くの係りの人に聞いたら、メ~テレのYouTubeのPR動画を撮ってるらしい。
DSC04802
DSC04803
DSC04804
気になる方は今後YouTubeにupされるので見てみては。
DSC04806
撮影後にお疲れの中、快く撮影に応じてくれたウルフィーさん。
この日暑かったのに、中の人大変だろうなぁ(笑)。
DSC04807
清洲城。
もう16時半過ぎていたので閉まってました。
ウルフィー見すぎた(笑)。
DSC04808
清洲城隣の桜。
DSC04809
ソメイヨシノじゃない桜その3。
DSC04812
線路の下を通って南側へ。
もう鯉のぼりが揺れてます。

ちなみにこの高架、新幹線と貨物列車とJRの3つが通ります。
ちっちゃい子が見たら喜ぶの間違いなし。
DSC04813
織田信長像。
DSC04814
濃姫像。

濃姫像は以前は清洲城の方にあったんだけど、
「信長と離れていてかわいそう。」
と誰かが言ったらしく、近くに引っ越されました。

ちなみに自分が小さい頃の清須公園には遊具や池
なんかもあったけど、今はただの広場の公園になっています。
桜も護岸工事で大分減りました。


こうして今年もお花見行けました。
ありがたや、ありがたや(笑)。

お昼を食べ終わったら15時20分過ぎ。
本当は清水寺や円山公園に行きたかったけど、
時間がないのと膝が痛いので断念。

隣の三十三間堂に行くことに。 
入場料600円。
DSC03836
外観
DSC03824
DSC03825
中は撮影禁止です。

通し矢が行われることでも有名です。
中には千体の千手観音と1体の大きな千手観音があります。
他にも風神、雷神の像や、二十八部衆の像があります。

千一体の千手観音が並ぶ姿は圧巻です。
ちなみに千手観音は千本手があるわけではなくて、40本です。
1本ずつ掌に眼があって一本の手で25本分の役割を果たすそうです。

ただこんな神聖な場所に来ても不浄な自分は、千手観音が
フルポンの村上さんに見えてきてしまうのでした(笑)。

風神、雷神、二十八部衆はかっこいいです。

が、不浄な自分はまたしても他の所に目がいきます。

二十八部衆の前にそれぞれお賽銭箱があります。
さらに、仏像修復のための募金箱があります。
ロウソク、護摩木などが売られています。
住職の書物の宣伝が貼られ売っています。
御朱印もお金取られます。
千手観音が何体か貸し出されています。

ついついお金の事を考えてしまう訳です。

確か宗教法人は税金かからないなぁとか、
入場料取ってるんだから、仏像修復費とかはそこから出せるんじゃとか、
もっと言えば、ボロ儲けじゃんとか。
そもそも神聖な仏像はこんな風にお金を取るのを望んでいないんじゃないかとか。

考え方が不浄ですね、自分は。

1時間くらい見た後、京都国立博物館へ。
狩野派の展示を期間限定でやっています。
DSC03827
ただ、狩野派込みの入場料は1,500円。
常設展示のみは520円。
ケチりました。520円で(笑)。
DSC03837
ここで母親に悲劇が。

「70歳以上の方は無料になります。」

と言われる(笑)。10歳くらい年上に(笑)。
ガイドさんが

「一応、若く見える方もいらっしゃるので、皆さんにお声がけしています。」

とフォローするも時すでに遅し。ずっと、

「私ってそんなに老けて見える?」

って愚痴ってた(笑)。

そんなこんなで博物館へ。
外観。
DSC03828
こちらは狩野派。入れません。

常設館はこちら。中は撮影禁止です。
DSC03830
3階までエレベーターで上がって、降りながら見ます。

3階は、古代の出土品や中国の品など。
三角縁神獣鏡とか懐かしい。日本史で習ったなぁ。
弥生土器、縄文土器とか。

2階は絵巻や掛け軸など。
そこそこ時間がなくなってくる。

が、膝が痛い。階段を降りられないくらい。
手すりに掴まって膝に力が加わらないように降りる。

1階は仏像、刀、書物、着物、婚礼道具など。
刀が格好良いが見てる時間がない。
かなりはしょって見てまわる。

ここで今日の観光は終了。
京都駅へ戻る。

歩いて戻る。こうなりゃ意地で(笑)。
膝が爆発しているので母親に置いていかれる。
脚を引きずる自分。どっちが年上か分からない。

京都タワーが見える。その下あたりが京都駅。
遠い…。雨降ってるし。
DSC03831
通り道で夜ご飯の弁当を買う。
DSC03834
自分はケーキでお腹いっぱいなので1個だけ。
3割引で504円。

ただこれ持って歩くの邪魔だ(笑)。

そんなこんなで雨の中歩く。
DSC03832
もうちょっと。

発車予定の10分前に京都駅に着く。
急いでお土産を物色。

春限定おたべ4種類。1,080円。
抹茶、にっき、桜こしあん、桜餅あん。
DSC03833
八つ橋かと思ったらバッタもんらしい。
美味しかったからいいけど。

ここからは18切符を使ってJRで帰り。
帰りは写真なし。

20時1分発 京都発 長浜行新快速

20時55分 米原着
21時3分  米原発 大垣行

21時35分 大垣着
21時39分 大垣発 豊橋行快速

22時11分 名古屋着

膝が爆発してるのでなるべくエスカレーターやエレベーターを使う。
ない場合は全体重を腕の手すりにかけ、ゆ~くり降りる。

23時20分頃に帰宅。


疲労度★★★★★

使ったお金 約16,000(たぶん15,764)円

残った思い出 priceless

こんな旅行日記に最後までお付き合い下さりありがとうございました。

おしまい。













 

膝の違和感が完全に痛みに変わりつつある中、
本日の昼食を予約してあるハイアットリージェンシー京都に到着。
DSC03795
めちゃめちゃ高級なホテルにビビる庶民×2。
取り敢えずトイレに行くけどトイレもめちゃめちゃ高級でさらにビビる。
ロビーではいろいろな外国語が飛び交ってるし、
上品なセレブたちばかり。

今日の昼食は地下1階の「東山」。公式HP
ややカジュアル寄りの高級和食。
母親の誕生日祝いなので大奮発。
一休で2週間くらい前に限定プランを予約しておいたのだ。一休HP

ロビーを通らず直に行けるようにもなっているし、
もちろんロビーを通ってエレベーターでも行けるようになってる。

外の入口。階段。
DSC03796
中の入口
DSC03798
予約の13時30分の少し前に到着。
席に案内される。窓際の日本庭園が見える席へ。
DSC03802
周りは上品なご婦人や外国人。完全に浮く庶民×2。
取り敢えず聞いたのは写真を撮っていいかどうか(笑)。
ちゃんとOKもらいました。
まずはテーブルの写真。
DSC03801
先附。若竹煮。
DSC03803
わかめの下に筍とフキと昆布巻きが入ってる。
DSC03804
なんかこの時点でビビる。
基本一品ずつ出てくる和食を食べた事がない庶民×2。
見た目も凝ってる。

鉢物。オードブルと言われた。
DSC03806
盛りつけが凝ってる。
店員さんに、

「これ全部食べれるんですか?」

と聞いたら

「はい。召し上がれます。あ、真ん中のスプーン以外はですが。」
「失礼いたしました(笑顔)」

とセレブなジョークを言われる。少し和む。

料理は生海老、ホタルイカ、菜の花、じゃがいも、人参、ネギ、ブロッコリー、
カリフラワー、レンコン、桜の葉など。
ドレッシングがかかっているが、お好みで真ん中の
卵黄のソース(酢味噌味?)を付けて下さいとのこと。

海老がおいしい。ただ、野菜が苦手な自分にはつらい。

箱盛。
DSC03809
ふたオープン。
DSC03807
胡麻豆腐、穴子の子供(のれそれだったかな?)生姜と出汁で、
わさび菜のお浸し。鯛の塩辛。

胡麻豆腐が結構固めでビックリ。穴子の子供は初めて食べた。長い。
お浸しはお浸し。鯛の塩辛はおいしい。普通の塩辛はカツオなんだとか。
どれもお上品なお味です。

温物。桜蒸し。
DSC03810
ふたオープン。
DSC03811
桜の葉の下にご飯とお麸と焼いた鱒がややアンがかって入っている。
個人的にはこれが一番美味しい。温かいし。

それにしても出でくるペースが遅い。
日本食のコースのペースはこんな感じなんだろうけど、
むなぶくれしちゃいそう。

造里三種
DSC03812
鮪、ツバス(桜の葉の中)、蛸
DSC03813
青菜、切干大根付き(温かい)

桜の葉本日3回目。流石に残す。

強肴。メイン。
DSC03814
鰆の幽庵焼き、鶏の照り焼き、煮玉子の網焼き、
ししとう、ミニトマト、キャベツ。

やや冷めてるのが残念。煮玉子美味しい。

御飯、漬物、汁物。
DSC03815
しらす山椒ご飯、漬物、海老の頭とあさりの赤だし。

ご飯は山椒をよけて食べる。京都なのに赤だしなのがうれしい。

デザート。
DSC03817
桜のゼリー。

これは普通のゼリー。

定価で食べると「おまかせ10品」で4,300円+税+サービス料みたい。
ここまでの提供時間1時間20分ほど。

ただ自分はここからがメイン。
一休限定プラン。「ペストリーシェフのデザートお好きなだけ」

デザートお好きなだけ…デザートお好きなだけ…デザートお好きなだけ…

これがお目当てだったのだ(笑)。
今日はコロッケしか食べてないのだ(笑)。

デザートお好きなだけ
DSC03816
まず店員さんが実物をテーブルまで持ってきてくれる。
どれも店売りサイズのオリジナルケーキ。

ここでの会話。

店員さん「どれになさいますか?」

自分「取り敢えず全部でお願いします。」

店「……(固まる)」
 「おかわり出来ますのでまず2つお持ちしましょうか?」

店員心の声「たくさん頼んで残されると困るんだよ。」

自分の心の声「いや、だから食べられるんだって。
         何回も店員さん呼びたくないんだって。」

自「分かりました。まず2つお願いします。」

とやり取りが終わる。

DSC03818
抹茶のエクレア(左)(以下勝手に命名)
抹茶のエクレアの間に苺、小豆、求肥、クリームが入っている。

カスタードロールケーキ(右)
ふわふわのカスタードのロールケーキに大粒の苺が入っている。
これが一番美味しかった。
DSC03819
ラズベリーのムース(上)
ラズベリーのムースの中と上に苺が乗っている。

カスタードタルト(下)
カスタードのタルトの中にラズベリーか苺のジャムが入っている。
DSC03820
バナナとキャラメルのケーキ(左)
バナナ味のケーキの上に焼いたキャラメルメレンゲが乗っている。

柚のムース(真ん中)
柚のムースの間にラズベリーか苺のジャムが挟んであり、
上に特大苺が乗っている。

ショートケーキ(右)
王道ショートケーキ。

どれもおそらく2階のショップで売ってるケーキ。
1個500円くらいはしそう。もちろん美味しい。

さらに抹茶のエクレアとカスタードロールケーキを追加。

ふたりで9個食べました(シェアした。といっても7割以上自分が食べたけど)。

ちなみにこんなに食べてる人は他にはいません(笑)。
皆さん上品なので1人2個くらいしか食べてませんでした。
庶民ががっつくようなところではないので注意。

そしてお会計。
レジではなく席までお会計を取りに来てくれます。
今回は一休限定プランなので1人3,500円。税、サービス料込みです。
ふたりで6,999円。

大変美味しく、お得に頂けました。


ハイアットリージェンシー京都「東山」一休限定プラン

満足度★★★★★






























 

↑このページのトップヘ