15年ニートだった人が社長になるまで続ける日記

日々の活動を日記に記していきます。まずは一ヶ月目標で頑張ります。 暖かく見守って下さい。

2016年10月

19時を過ぎてライブの収録開始。

まずはサワディにバンド名を忘れられた『ミソッカス』から。

『ミソッカス』公式HP 


5人組バンドです。ちょっと調子のいいあんちゃんて感じかな。
イギリス国旗の服を着たキーボードや、ボーカルの人は
ミニサンボマスターみたいだった(褒めすぎ?)。 

ベースの人は上半身裸。

目の前にはリトグリファンの小学生の女の子。

カオス(笑)。

これはNHKのブッキングの問題です(笑)。



まず1曲目


ボ「悩みを解決することは出来ないけど、一緒に悩むことは出来ます。」

みたいな感じで1曲1曲説明してくれます。
個人的にはこのボーカルのお兄さん誠実そうで好感持てました。

1・『深き森のワルツ』


このバンド、名前やキャラはふざけてるけど、演奏はちゃんとしてる。

ボ「盛り上がってますね。」

ギ「盛り上がってますね。」

ボ「みんな音楽好きでしょ。ここから見てるとみんなそれぞれの方法で
 楽しんでくれてるのが分かるもん。」

ボーカルの人この後も「みんな音楽好きでしょ。」をなぜかMCの度に連発。
まぁ、そりゃあ嫌いな人がわざわざ観覧応募しないと思うが(笑)。

最前列のお嬢さん1人だけ恐ろしくノリノリ(いいことだと思う。)



2曲目

ボ「悩みがあっても何度でも立ち直ろうという歌。」

アニメの主題歌にもなったらしい。


2・『ライジングレインボウ』



3曲目

ボ「ミュージシャンはもう音やメロディは出尽くしちゃってて、
 結局何かを作ってもパクリとかオマージュとか言われちゃうけど
 それでもオリジナルを作ろうと思っています。」


3・『マッドシュリンプス』


ボ「これ以上やると怒られちゃうから。」

ってことで3曲で終了。


一旦ハケるけど、3分後くらいにまた出てくる。


ボ「大人の事情でもう一度(笑)。
 みんな初めての曲じゃないから盛り上がってよ。」

2曲目の『ライジングレインボウ』をもう一度披露。


今度こそハケて行きました。


その後MCの鉄平さんと澤田彩香アナが登場。

鉄「皆さん貴重な場面に遭えて良かったね。
 大人の事情は2種類あって、1つはミュージシャン本人が歌詞を間違えたり、
 飛んだりすること。もう1つは事前に細かくカット割りが決まってて、カメラ
 が間に合わないなどのトラブル。
 今日はラッキーでした。」


ちなみに今回の3組(ミソッカス、ビッケブランカ、Little Gree Monster(リトル・グリーモンスター))
の中で、自分はミソッカスが一番お気に入りになりました。

こればっかりは好みの問題なんだけど、テンポのいいメロディは中毒性があります。
エレカシを聴く前はYouTubeがしばらくミソッカスでした。

『深き森のワルツ』オフィシャルページ

『深き森のワルツ』がお気に入り。

気のせいかもしれないけど、歌ってるとき目が合った気がする。
いや、むしろ自分に向かって歌ってた気さえする(笑)。
これはライブあるあるなのかも。



続いては『ビッケブランカ』の登場。

『ビッケブランカ』公式HP


最前列に囚人服を着たファンの方がいて鉄平さんにイジられてた。

白のドレスシャツに白のハット。
なんか中性的な印象(を出そうとしてる。)
背は結構でかい。ファンはほとんど20~30代の女子かな。

が、自分は後ろのセクシーなキーボードのお姉さんに夢中(笑)。
無駄にセクシー(笑)。


早速1曲目。

1・『Natural Woman』

ファルセットを混ぜながら歌う歌い方。
女子ウケしそうな感じ。自分はちょっと苦手なタイプかな。
まぁ、これは好みの問題ですね。

雰囲気はカジヒデキっぽいかも(古いか(笑))。

ビ「ここだけの話、普段はテレビ収録は盛り上がらないんだけど、
 今日はすごい盛り上がってくれてありがとう。」

2組続けて「盛り上がってる」って言うから、盛り上がってるのか?
言うほどは盛り上がってないけど(笑)。
テレビ収録にしては盛り上がってるんだろう。

そしてビッケブランカさん、「ここだけの話」が多い。


2・『Slave of Love』

もう一度テレビ収録は盛り上がらない話の後、

ビ「ここだけの話、手を上げて頭の上で叩いて。
 テレビで観ると盛り上がってるように見えるから」

こいつセコっ(笑)。

まぁそのノリ嫌いじゃないけど。


3・『ファビュラス』


この3曲で終わり。

個人的にはライブに言ってこの感じの歌を15曲とか20曲聴くのはちょっと無理。
3曲くらいがちょうどいい。


この後MCの鉄平さんとサワディさんとミソッカス、ビッケブランカが登場。

昼間に街ロケしたこととかいろいろ話してたと思うけど、
あまり記憶に残ってない。

ただミソッカスのベースが上着を着てきたのは覚えてる(笑)。

あと新作のCDの発売日の告知とかがあったかな。


そして一旦ステージ転換へ。

ステージ転換後はLittle Gree Monster(リトル・グリーモンスター)の登場です。



part3へつづく


ちなみに放送はビッケブランカがミソッカスより先で

ビッケブランカ 10/29
ミソッカス   11/5

です。

Uta-Tubeは毎週土曜日午前10:55~11:15です。

ギリギリレポ間に合った(笑)。 

10月3日(月)『Uta Tube』の公開収録に行ってきました。

Uta Tube公式HP


ゲストはミソッカス、ビッケブランカ、Little Gree Monster(リトル・グリーモンスター)の3組です。
場所はNHK名古屋放送局 T-1スタジオです。
DSC07196
NHK名古屋放送局外観。右隣が愛知県芸術劇場です。

写真は2階から。
あいにくの雨模様です。

自分は知らなかったのですが、栄駅から地下で濡れずに行くことが出来ます。
B2Fとオアシス21の地下で繋がっていました。
DSC07197
後ろを振り返ればオアシス21とテレビ塔。

受付時間は17:30からなので17:20分くらいに到着。
17:25くらいから受付が始まりました。

受付ではお姉さんに免許証等による厳しい本人確認がありました。
本人確認が終わると、番号札兼アンケート用紙が渡されます。
DSC07199
今後Uta-Tubeに来てほしいアーティストにはちゃんと『松井玲奈』と書いてきました(笑)。
一応チャラン・ポ・ランタンとCD出してるし。まぁ難しいと思います(笑)。

18時までに整列と書いてありますが18時からオープニング撮影がありました。
DSC07200
この右の方の入口で(写真切れとる)。

以下、ネタバレありです。要・注意。





オープリング撮影に映りたい人だけスタジオの入口付近に集まります。


そこでADさんが説明。

AD「鉄平さんが『今日のゲストは』と言ったら、皆さんで『リトグリ~』と言って下さい。」

1回練習した(たぶん)後に番組MCの鉄平さんと澤田彩香アナウンサーが登場。

鉄平公式HP?

澤田彩香アナNHKHP
 

鉄平さんUta Tube以外でもどっかで見たことあるような。
SKEの司会とかをやっている方だと思います。

ノリのいいあんちゃんって感じ。

鉄平「え、みなさんもハモるんですか?」 

とか言って場を和ませます。


そしてオープニング撮影本番。

鉄平『今日のゲストは?』 

客『リトグリ~』 

というと同時にLittle Gree Monster(リトル・グリー・モンスター)本人達登場。
歓声が上がります。
今日の観覧のお客さんの7~8割はリトグリさんのファンみたい。


この後オープニングをもう1パターン撮影。

もう1パターンはリトグリが『Uta Tube』をハモるバージョン。


そしてオープニング撮影が終わったら列に順番に並び直し。

全部で300人くらいいたのかな?
自分は130番くらいでした。


18:30になり入場開始。

先ほどの番号札兼アンケートを入口で回収します。

テレビのスタジオ収録ってなんかワクワクです。

スタジオは300~350くらい入れる感じかな。
自分は前から6,7列目の真ん中付近を確保。


全員入場後、制作会社コムロンのスタッフさんが説明。 

まずはみんなで拍手の練習。

アーティスト登場の時の拍手。盛り上がる曲の時の拍手。
バラードの曲の時の拍手などなど。 

他にはクレーンカメラの注意。

本当にお客さんのすぐ上を通るので触ったり、手をぶつけたりしないでなど。


ここでスタッフさんが

「ミソッカスさん、ビッケブランカさんのファンは前に。譲り合いの精神でお願いします。
リトグリさんとの間には、また移動の時間があります。」 

ってことで、ミソッカス、ビッケブランカファンの方が前に行きます。 


7割くらいがリトグリファンで残りの3割がミソッカスファン、ビッケブランカファンと
その他って感じかな。 

リトグリファンが女子中高生中心(保護者同伴)+時々おじさま。
ミソッカスファン、ビッケブランカファンが20~30代のお姉さまという感じ。


スタッフの説明が終わって司会の鉄平さん、澤田彩香アナが登場。

鉄「リトグリファンは若い子多いね。」

澤「そうですね。いつもより若い女の子が多いですね。」 

鉄「『鉄平さ~ん』の黄色い歓声下さい。せ~の」 

客(女) 「鉄平さ~ん」

鉄「めっちゃうれしい。じゃあ男性は『サワディ』の歓声下さい。せ~の。」 

客(男) 「…(沈黙)」

澤「苦笑い」

鉄「男性は恥ずかしがり屋さんが多かったのかな。」 


いや、鉄平さん。まずほとんどの人が澤田彩香アナをサワディと呼ぶのを
知らないと思うんだけど(笑)。 

今、帰宅して調べたから分かるけど当日は何と言ったかさえよく分からなかった。


そしてここからはゲストアーティスト紹介へ。


鉄平セレクト(?) のコーナーから。

鉄「ミソッカスはギャップが魅力。ひとりひとりの名前も面白い。」 

鉄「ビッケブランカはファルセットがいい。」 


そしてここで澤田彩香アナがミソッカスを紹介するはずが、まさかの
バンド名をど忘れ(笑)。

思わず「ウソでしょ。ここで忘れる?」とツッコミを入れる鉄平さん。

昼間にミソッカスとビッケブランカと一緒にロケをしていて
ごっちゃになってしまったそうです。


そしていよいよミニライブへ。

まずは名前を忘れられた(笑)、ミソッカスの登場です。


part2へつづく 

27日

就寝  6:30 
起床 22:30


いつものように27日はなかった。

途中起きてアルバイトの連絡したくらい。

寝過ごしてしまって日本シリーズを見過ごしたのが唯一の後悔。

そんな1日。



28日

そのまま起きてます。

簿記勉強時間0.5時間


取り敢えず簿記の教科書を開いた。
30分で閉じた(笑)。


今日はユニクロに行ってきました。
アルバイトにベージュのズボンが必要になったので。

ちょうど今週末限定1,990円(税別)でした。


裾直しをしている間にマクドナルドへ。 

株主優待券でカフェモカとチキンナゲットを食べひと息ついた後、本屋へ。

松井玲奈ちゃんが出てる『CLASSY.』 を立ち読み。
今回の『CLASSY.』は珍しくハズレでした。
いつもはめっちゃ綺麗なお姉さんに撮ってくれる雑誌なんだけど、
今回はお店紹介メインだった。


そうこうしているうちに、とっくに裾直しは終了。

ユニクロに戻り、受け取った後ちょっとスーパーでお買い物して帰宅。


帰宅後テレビで映画『デスノート 逆襲の天才』を観た。 

明日から『デスノート Light up the NEW world』がやるから
前回の2作分をまとめて作った予告編みたいな感じだった。

『デスノート Light up the NEW world』公式HP


これはかえって新作のハードル上げちゃった気がする(笑)。

個人的には漫画原作の実写化はあまり好きじゃないけど、
、というか大っ嫌いだけど、前回のはよく出来てたと思う。
(最後の「法律が大事」みたいな概念は意味不明だけど(笑))。

今日少し観て、やっぱり藤原竜也さんと松山ケンイチさんはハマってるなと。
藤原さんは初めから上手いんだけど、マツケンさんは段々役に
ハマっていった感じがしました。

新作の予告観た感じだと池松壮亮さんは上手い役者さんだし、
好きだからまだいいんだけど、東出昌大さんがちょっと自分には合わなかった。
東出さんには本当にごめんなさいだけど、声がちょっと苦手。

まぁ肝心なのはストーリーなのでそれがどうなってるか。

観てみたいんだけど、試写会外れたんだよなぁ(自分で金払って観にいけよ(笑))。



そんな感じの1日。



明日からは結構アルバイトが入ってます。

ぐうたら生活を送ってきたので体がもつかどうかが心配です(笑)。 

↑このページのトップヘ